このページはJavaScriptに対応しているブラウザでご覧ください

テ レ ビ 会 議 利 用 申 請 案 内

多地点専用装置のIPアドレスは、133.75.242.65です。
多地点専用装置を使ったTV会議では【会議ID】が必要になります。
入力書式は[133.75.242.65##【会議ID】]となります。
会議ID[1111]の場合の入力例…133.75.242.65##1111
ISDN形式の番号の拠点と直接つなぐことができません。
その場合の接続方法を下記に示します。
  1. 接続情報を入手する
    ・ゲートキーパーのIPアドレス
    ・Conference ID
    入手方法:相手より送られてきたメールに書いてあるはずなので探す。ない場合は相手に問い合わせ
  2. ゲートキーパーのIPアドレス、Conference IDを入手後、接続時に下記のように入力する
    ゲートキーパーのIPアドレス##Conference ID    (例)130.183.3.40##00123456789
  3. 入力後の操作は通常の操作方法と同じ
TV会議の申請の際には接続先IPアドレスを必ず記載してください。

TV会議ができる会議室の一覧

会議室機種IPアドレス内蔵多地点
研究T期棟4階424号室Polycom HDX-6000133.75.134.113   
研究T期棟6階602号室Polycom HDX-7000133.75.136.105
シミュレーション棟3階303号室   Polycom HDX-8000133.75.154.17
管理棟第2会議室Polycom RealPresence Group 500   133.75.139.197


*TV会議の際には別途、会議室の予約が必要です。


会議の形式について

   1対1の会議…相手のTV会議端末に直接接続する場合
会議室に置いてあるマニュアルを参照してセルフでご使用下さい。


   自地点を含む3〜4地点の多地点会議
内臓多地点に対応したTV会議(研究T期棟6階602号室、シミュレーション棟3階303号室)を、会議室に置いてあるマニュアルを参照してセルフでご使用下さい。
こちらのTV会議端末のIPアドレスにコールしてもらい接続する事を推奨します。


   5〜10地点までの多地点会議
NIFSに設置してある多地点専用装置を利用してTV会議を行います。
こちらのリンク先から利用申請をしてください。 → 利用申請